FC2ブログ
【お知らせ】き業展へ出展のお知らせ
2019/01/07(Mon)
朝布団から出るのが大変な肘井です。

2019年、新たな1年が始まりましたね。

本年もよろしくお願い致します。

さて、弊社がここ5年程毎年出展しているビジネスフェアー、"き業展"というイベントが今年も開催されますので、お知らせさせていただきます。

Business Fair in TAJIMI CITY
日時:2019年2月1日(金)、2日(土) 10:00-17:00
場所:セラミックパークMINO
詳細はこちらです⇒き業展

ビジネスフェアーなので143ものブース出展と同時に、ビジネス講演会やたじみビジネスプランコンテストTHE FINALの開催がありつつ、今年もMa Marcheが開催されます。

飲食ブースもあるので、お近くの方は是非お昼ご飯を食べにでも気軽にお越し下さい。

勿論家づくりに関して聞いてみたい事がある方や、耐震について聞きたい、という方も大歓迎です。

多くのお客様のご来場をお待ちしております♪
スポンサーサイト
この記事のURL | staff | CM(0) | TB(0) | ▲ top
中学生の職場体験がありました
2018/12/10(Mon)
土曜日に突然寒くなって驚きが隠せなかったスタッフ肘井です。

山間部に住んでいるので、土曜日の夜は寒すぎて粉雪が舞い、慌てて冬用パジャマや毛布を出していました。。

その前日まで、木・金曜日と少し暖かい日になった2日間、弊社では中学生の職場体験の受け入れをしていました。

職場体験

今回ご縁があり、初の試みでした。

「将来の夢は建築士!」という男の子が2人来てくれました。

自宅の間取りを調べて来て貰い、それを基に所長と一緒に簡単な図面に起こし、AutoCadを使って図面を描く、という流れでしたが、初めてのCADに戸惑いつつ、一生懸命描いていました。

私自身も建築士を目指しているので、彼らは同志なんだな、と思いながら、彼らの一生懸命な姿勢に良い刺激を貰いました。

CADを教える経験も初めてでしたし、良い経験をさせていただきました。

この記事のURL | staff | CM(0) | TB(0) | ▲ top
祝!野一色の家竣工
2018/11/27(Tue)
段々と、朝お布団から出るのがツライ季節になって来ましたね。

早速インフルエンザの話題もちらほら聞こえてきています。

みなさまご自愛下さいね。

さて、スタッフ肘井、先日人生3度目の塗装に行って参りました。

無事に竣工した野一色の家、初お目見えでした。

青木邸内観LDK (2)

ここはLDKです。

テレビを置き、家族団欒スペースとなるそうです。

奥の和室スペースは襖で仕切る事が出来るようになっています。

青木邸内観LDK

これは和室から見たLDKです。

約10帖の寛ぎ空間となります。

青木邸内観キッチン

こちらはキッチンです。

水回りの後ろには造作の棚があり、収納スペースが充実しています。

奥に見えるダイニングスペースへのアプローチはばっちりです。

青木邸塗装

お引渡しの翌日、お施主さんご家族と弊社の2名で塗装を行いました。

とても気持ちの良い陽気の日で、塗料の乾燥も順調でした。

朝一番にはお子さんも見え、肘井と一緒に塗ってくれました。

木目が美しく、暖かな温もりのあるこの家が、末永く愛される、ご家族みなさまの憩いの場所になりますように。
この記事のURL | staff | CM(0) | TB(0) | ▲ top
野一色の家 
2018/10/24(Wed)
秋も深まるこの頃ですが、みなさん風邪などひいてはいないでしょうか。

こどもの運動会翌日に、気が抜けたのか風邪をひいてしまったスタッフ肘井です。

野一色の家は、来月上旬の竣工に向けて着々と進んでいます。

IMG_2885.jpg

外壁が塗られ、足場も取れ、すっかり表情が出来上がっています。

私は中々現場へ行く事が出来ませんが、お引渡し前の一大イベント、自主塗装でしっかりと拝見したいと思います。


さて話は変わり、自立循環型住宅研究会という団体をご存知でしょうか。

”「省エネ×快適となる住まい」を模索し実践する地域工務店、設計事務所、省エネ建材設備メーカー・販売店”が集まった民間の任意団体です。

弊社の代表坂崎がそこで事務局をさせていただいているのですが、第15回自立循環型住宅研究会フォーラム2018というイベントを開催しますので、お知らせです。

主に、野池代表による講演会と8つの事業者によるプレゼンテーション及びそのアワードの発表とワークショップという内容です。

弊社からのプレゼンテーションはありませんが、エコな住宅に興味のある方、足を運んでみてはいかがでしょうか。

この記事のURL | staff | CM(0) | TB(0) | ▲ top
野一色の家 着々と
2018/09/13(Thu)
朝晩の涼しさに、慌てて掛布団を出したスタッフ肘井です。

みなさま、季節の変わり目いかがお過ごしでしょうか。

台風や地震など、天災続きな日本列島ですが、みなさまが健康で安全な生活が送れている事を祈るばかりです。

さて、少し前に野一色の家に行って来ました。

軒下

これは玄関の軒下です。

まだ外壁が下地だけの状態なのでちょっと寂しいですが、外壁が仕上げられれば一気に表情が変わります。

階段部

これは何を写したかったかと言いますと・・・ぽっかり空いた穴です 笑。

ここには階段が作られます。

なので、この日はちらっと見える梯子でお施主様に2階へ上がっていただきました。

中々、不安定なのですが、注文住宅ならではの体験かも知れません。

ダクト

天井に置かれている銀色の管、これはダクトです。

竣工後、まず見る事は無いと思います。

キッチンのレンジフードから排気の為に付けられています。

初めて見た時はちょっと物々しいと感じましたが、毎日使う大事な部分ですね。

この様な竣工後目に見えない隠れた物を踏まえた上で、意匠や構造の設計を行い、その上でお施主様の意向に出来るだけ沿うように間取りやサッシ位置を検討します。

まだまだ勉強中の私には、奥がとっても深い楽しい世界です。
この記事のURL | staff | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ