FC2ブログ
野中の家 上棟
2019/06/27(Thu)
今日から梅雨空が暫く続きそうなので、ちょっと気持ちが沈み気味なスタッフ肘井です。

こどもがプール大好きなので、親子で残念な気持ちですが、きっと梅雨が明けたら例年通り熱い街になると思います 笑。

さて、先日、曇りか雨か?!とそわそわしていた日に、無事雨に降られず、野中の家の建て方があり、上棟式が執り行われました。

祭壇

御幣や上棟酒が並ぶと、厳かな雰囲気がありますね。

外観

今回も見事な建て方でした。

翌日も雨予報だったので、この後屋根仕舞いまでしっかりしていただきました。

これからどんどん家の表情が作られていくのが楽しみです。
スポンサーサイト
この記事のURL | staff | CM(0) | TB(0) | ▲ top
明和の家 着々と
2019/06/15(Sat)
梅雨入りして、なんとなくじめっとした毎日ですが、先日良いお天気の日があってちょっと嬉しかったスタッフ肘井です。

この日はまず降らない、という日には洗濯物を外で干すのですが、最近は中々リスクを感じて干せません。。

さて、太陽に恵まれた先日、現場へ行って来ました。

外観

外壁が貼られていないので格好が付かない外観をしていますが、随分と家らしい様相になって来ました。

GWに塗装した外壁材が貼られる日が楽しみです。

内観

1階を幅広に撮影してみました。

断熱材がびっしり隅々までしっかり入っていて一安心です。

討論

これは、所長と大工さんがある事について打ち合わせをしているところです。

目指しているカタチは私にも分かっていたのですが、専門用語が多い事やスピードの速さに、会話に付いていけませんでした。。

悔しい気持ちもありつつ、こうやって現場で打ち合わせを重ねる事で、お施主様の満足度の高い家が出来上がっていくんだな、と感じました。

お施主様方のシアワセ暮らしが始まるのが楽しみです。
この記事のURL | staff | CM(0) | TB(0) | ▲ top
明和の家 基礎~上棟
2019/05/13(Mon)
時間が過ぎるのがあっという間でびっくりなスタッフ肘井です。

私事ですが、引っ越しをするのに家の準備と必要物資の準備と、引っ越しそのもののスケジューリングで頭が飽和状態です。

と言いつつも、もちろんお仕事もめいっぱいやっております!

明和の家は、丁張確認後イベント盛りだくさんでした。

基礎

基礎の打ち込みです。

図面通り綺麗に入っています。

独立基礎

独立基礎部分です。

しっかり打ち込まれています。

配筋検査

配筋が図面通り正確に入っているか確認します。

アンカー

特に耐力のある壁などに重要な役割を果たしてくれる、アンカーの基礎に打ち込まれてる側です。

しっかり柱を支えてくれます。

材料検査

現場へ搬入される前に、プレカット図面通りに材料が作られているか確認をします。

量がすごいですね。

建て方

その材料を使って、いざ建て方。

建て方2

今回は雨が心配されたので、2日に分けられていた日程を一部延期して1日で屋根仕舞いまでしていただきました。

見事に美しく並んだ垂木。

Inked上棟_LI

建て方の翌々日、上棟式を執り行いました。

今回もForestyleさんでのお宅なので、東白川村村長さんを始めとする村の方にお祝いいただいての上棟式となりました。

外壁塗装

上棟式から数日後、施工会社である株式会社シンクさんの工場へ、お施主さんご夫婦と弊社2名でお邪魔させていただきました。

目的は、外壁材の自主塗装です。

自主塗装とする事でコスト削減になる事はもちろん、家作りの思い出の1つになると考えています。

今回は580平米程の量を2回塗りするという事で、時間と体力との闘いでしたが、やはりやり切ると皆達成感があったように思います。

室内の床材やウッドデッキの塗装も今後待っていますが、お客様の大事な家づくりの一部を、このような形で直接お手伝いさせていただける事は本当に貴重な体験だなと思います。

完成はまだ先ですが、楽しみがいっぱいです。
この記事のURL | staff | CM(0) | TB(0) | ▲ top
明和の家 丁張確認をしました
2019/04/03(Wed)
新元号が発表されましたね。

テナントの共有スペースにあるテレビでリアルタイムに見ていたスタッフ肘井です。

私は昭和生まれですが、平成に変わる瞬間は幼過ぎて記憶が無いので、元号の発表というのがとても新鮮でもあり、違和感もありました。

みなさんはどうでしょうか。

令和元年。

気が付けば、私が有建築設計舎の一員として迎えていただいてから、3年の月日が経ちました。

4年目は、新たに導入したBIMソフトを使いこなしてBIMマネージャーになれるように頑張ります。


さて、地鎮祭が終わった明和の家、丁張の確認に行って来ました。

IMG_1809.jpg

IMG_1815.jpg

丁張は初めてではなかったのですが、基礎の為にこれだけ地面が掘られているのを見るのは初めてでした。

写真では到底お伝えする事は出来ませんが、このショベルカー、作業員さんが熟練だからなのか、とても細かな動きをスムーズにしていました。

丁張の確認をした後、所長が監督さんと打ち合わせをされてる間、私はずっと見入ってしまいました。

これからも、現場管理の他に、細かな打ち合わせや材料検査など、どんどん現場が動いていきます。

たくさん勉強させていただきます!
この記事のURL | staff | CM(0) | TB(0) | ▲ top
明和の家 地鎮祭が無事に執り行われました
2019/03/11(Mon)
三寒四温の季節を感じられるようになったこの頃、梅の花の彩りや香りが嬉しいスタッフの肘井です。

先日、弊社のある多治見市で、新しいお家の地鎮祭が無事に執り行われました。

祭壇

温かい日差しに恵まれた1日で、お施主様のご家族にも見守られて粛粛と進められました。

全景

いまは何もないこの場所に、約30日で基礎が出来上がり、約90日程すると建て方を迎える予定です。

また、この度は外壁材の塗装も予定されていまして、私は初めて挑戦させていただく予定でいまから楽しみです。

お世話になる大工さんは、野一色の家でお世話になったシンクさんです。

またよろしくお願い致します!
この記事のURL | staff | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ