スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
土岐の家 段々と
2018/04/05(Thu)
暖かくなってきたと思えば、突然の夏日があったりと、この春は太陽が大忙しですね。

何とか近所でお花見が出来たスタッフの肘井です。

先日、とても気持ちの良い天気の中、土岐の家の現場管理へ行って来ました。

建築勉強中の肘井にとって、現場は学びの宝庫です。


加藤邸1階

これは1階です。

架設の階段や、これから使われる木材、工具、断熱材が置かれています。


加藤邸フローリング

これはフローリングに使われる材です。

お施主様ご家族が生活する際に触れる、目に見える場所に使われるので、特に大事に梱包されています。


加藤邸2階

これは2階の廊下から部屋の中を写しています。

まだ壁が出来ていないので、下地が見えていますね。

床には根太が見えています。

モノが作り上げられいく過程が目に見える楽しい時間です。
スポンサーサイト
この記事のURL | staff | CM(0) | TB(0) | ▲ top
土岐の家 祝・上棟
2018/03/12(Mon)
今年は毎月更新を目指すスタッフの肘井です。

この所、1日を通して寒暖差が激しいですね。

春の陽気を感じつつ、まだ気が抜けない時期です。

個人的には、まだバイクに乗る気が起きていません。

着々と基礎、土台伏が終わっていた土岐の家でしたが、先日無事に上棟しました。


始まり

風もなく、天気に恵まれた良い日和でした。

クレーンで建材を吊り上げる為、風の強い日は大変だそうです。


2階床

大工さん方が手作業でひとつひとつ、丁寧に素早く組んでいきます。

これは、2階の床になるところです。


上屋根

翌日から雨予報だったので、雨仕舞いまでしたい、と話しておられました。

このように無事に屋根まで組み上がり、防水シートを掛けてこの日は終わりました。

今回工務店さんは阿部建設さんです。

竣工まで、どうぞよろしくお願い致します!

これから数ヶ月、どんどん表情を変えていく現場が楽しみです。
この記事のURL | staff | CM(0) | TB(0) | ▲ top
き業展 無事に終了しました
2018/02/06(Tue)
珍しく土曜日出勤を終えました、スタッフの肘井です。

先週末、多治見市ビジネスフェアー”き業展”を無事に終了しました。


き業展ブース

弊社ブースはこんな感じでした。

いくつもの木造模型や建築資材を置いていたので、模型屋さん?左官屋さん?資材屋さん?といろいろ聞かれましたが、興味を持って手に取って見ていただけて良かったかなと思います。


き業展全体

弊社ブースから見た全体はこんな風でした。

去年よりもたくさんの方が来場され、初出展の企業さんも見え、賑やかな2日間でした。

Ma Marcheが同時開催されており、朝からちびっ子がたくさん居たのが印象的で、度々癒されてました。

出展者のみなさん、おつかれさまでした!

ご来場下さったみなさん、ありがとうございました!!

来年もまた頑張ります~。
この記事のURL | staff | CM(0) | TB(0) | ▲ top
土岐の家 配筋検査
2018/01/29(Mon)
今シーズンは雪があまり降らないな、と思っていた矢先に大雪が降りまして、その影響を多大に受けたスタッフの肘井です。

みなさまはいかがでしたでしょうか。

先日、雪がまだ残る中泉大沼の家の配筋検査がありました。

こんな感じに、コンクリート基礎の中身になります。

配筋検査 角

当たり前ですが、隅々に入っています。

これらが大事な家を支える元になりますよ。

配筋検査 詳細

きちんと図面の寸法が守られているか、目で見て確認します。

個人的には、こうやってモノが作られていく過程を見るのがとても好きです。

まだまだ寒く今日も雪が降りましたが、季節のゆっくりとした移り変わりと共に、家もゆっくり出来上がって行きます。

楽しみです。
この記事のURL | staff | CM(0) | TB(0) | ▲ top
土岐の家と平井の家 
2018/01/17(Wed)
時間の流れの速さについていけない、スタッフ肘井です。

ブログで年末年始のご挨拶を書こうと思っていたのですが、気が付けば年明けて早半月余り・・・。

みなさま、寒中見舞い申し上げます。

弊社は昨年で設立10年を迎えまして、今年で11年目になります。

大切なお客さまを始めとする、周りの方々の温かさのおかげでいまがあるのだと思います。

心より感謝致します。

初心忘れるべからず、新たな10年を邁進して参ります。

さて、現在現場が動いている物件が2つあります。

1つは前回ご紹介しました土岐の家です。

丁張りの確認に行って来ました。

丁張りは、工事の着手前に、基準となる建物の水平方向の高さと建物の配置、壁・柱の位置を決める事を言います。

加藤邸丁張り確認

きちんと正確に、目で見て確認していきます。

ここに家が建つんだ、と目に見える形になってくる、ワクワクの始まりです。


次は平井の家ですが、こちらは改修なので現在解体中です。

中島邸解体1

この時点ではまだ壁があり、まだまだ"家"の様子を呈していますが・・・

中島邸解体3

2週間弱でこのようになりました。

基礎や土台、柱がお目見えです。

中島邸解体4

平井の家は、現況調査に伺った物件なので、あの家の壁や天井の構成はこうなっているのか、と興味深いです。

改修前も風情ある素敵なお宅だったので、どんな風に変わるのか、楽しみです。

この記事のURL | staff | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。