スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
温度湿度の測定開始♪
2010/01/16(Sat)
今日は昨年省エネリフォームをしたお宅に温湿度計データロガーを設置してきました。


住まい手からは、「お陰さまでかなり快適に暮らしているよ」と、とても嬉しい感想を頂いています。

主生活空間を区画断熱補強した設計のねらいがバッチリ効いているようです。


以前は冬に複数の暖房を使っても温まらない場所があったようですが、今年の冬は6畳用の灯油ファンヒーター1台で約26畳の空間がまかなえているとのこと。


となると、次は、
感覚的に快適だという結果だけではなく、
実際の建物内外の温度湿度状況を把握し、設計内容がどの様に温湿度に効いているのかを把握したいので、
測定させて頂くことにしました。住まい手さんも快く承諾してくれました。
ありがとうござます。


今回設置したのは、T&D社の「おんどとり」。
断熱区画内外の各所に4台設置させていただきました。

その機械はこれです。





名刺入れ程の大きさですが、なかなか良い働きをしてくれます。

来月回収しに来るまで、頑張ってデータを記録して下さいよ。



約1カ月のデータを測定し、その他の情報と一緒に分析することで、
設計内容と実際の生活の中での室内温度環境との関係を把握し、
今後の設計に活かしていきます。


因みに、私が事務局をさせて頂いている自立循環型住宅研究会は
全国の会員の皆さんでこういった測定分析をいろいろと行い、
情報共有することでデータに基づいた「省エネ×快適」な住宅づくりを模索・実践しています。



さてさて、どんなデータが録れるか楽しみです。


スポンサーサイト
この記事のURL | シアワセ仕事 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ギャラリー更新 | メイン | 瑕疵担保履行法と住宅エコポイント>>
コメント
- No title -
優れた機械が出ているものなのですね。
改修前のデータと比べたりもされているのですか?
2010/01/18 07:58  | URL | 林工のイシ #-[ 編集]
- No title -
イシさん、いつもありがとうございます。

今回は残念ながら改修前のデータを取ることが出来なかったので、断熱区画内外の比較分析で、断熱補強の効果や温熱環境を検証する予定です。
2010/01/18 10:26  | URL | ゆっけちゃん #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yusakazaki.blog39.fc2.com/tb.php/118-4fe8f298

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。