住宅版エコポイント
2010/02/02(Tue)
 以前、住宅版エコポイントに関して書いていましたが、その後にもう少し詳しい情報が出たので、検討される住まい手の方は参考にしてください。

以前の記事はこちら http://yusakazaki.blog39.fc2.com/blog-entry-115.html


 なお、エコポイントが認められる工事内容や性能の詳細は、一般の方には難しい内容なのでここには書きません。設計事務所や工務店の方に具体的に相談されたら良いと思います。
 もちろん、私に相談頂いてもいいですよ。



1)エコポイント発行の申請期限等
・エコリフォーム 一戸建ての住宅   : 平成23年3月31日まで
・エコ住宅の新築工事 一戸建ての住宅 : 平成23年6月30日まで

 ※平成22年12月31日までにエコリフォームの工事に着手又はエコ住宅の建築着工したものが対象
 ※申請期限の前に発行予定ポイントまで発行した場合は、上記によらずポイント発行を終了


2)ポイントの交換申請期限
・平成25年3月31日までポイントの交換申請


3)発行ポイント数

 ■エコリフォーム A+B+Cで最大300,000ポイント/1戸

  A 窓の断熱改修 : 
      窓の面積、ガラスの交換面積によって 2,000~18,000ポイント

  B 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修 :
      外壁      100,000ポイント
      屋根・天井    30,000ポイント
      床        50,000ポイント

  C バリアフリー改修 :(A又はBと併用で最大50,000ポイント/1戸)
      手すりの設置  5,000ポイント~ 
      段差解消    5,000ポイント~
      廊下幅等の拡張 25,000ポイント~ 

 ■新築 : 1戸あたり300,000ポイント


4)ポイント申請上 の注意

 新築の場合は申請内容によって、エコポイント対象住宅であることの確認書類として、次のもののうちいずれかを取得する必要があります。なお、確認書類の発行にはそれぞれ手数料が必要になります。

・住宅事業建築主基準に係る適合証(登録建築物調査機関)
・エコポイント対象住宅証明書(登録住宅性能評価機関)
・設計住宅性能評価書または建設住宅性能評価書(省エネルギー対策等級4)(登録住宅性能評価機関)
・長期優良住宅建築等計画認定通知書(所管行政庁)
・フラット35S 適合証明書
など

 書類の名前だけ見ても一般の方にはちょっと厄介な感じがしますよね。
そういう場合は、工事や設計をされる方に相談、手配をお願いされるとよいです。


以上、住宅版エコポイントの追加情報でした。



スポンサーサイト
この記事のURL | シアワセ仕事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<イワシとヒイラギ | メイン | 新表札>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yusakazaki.blog39.fc2.com/tb.php/124-0a6678c5

| メイン |